山道具

初心者がとりあえず選ぶトレッキングポールはこれで充分!

更新日:

自分は2013年に登山をスタートしてから2セットほどトレッキングポールを購入しています。

いずれも両手に持つタイプ。

トレッキングポールを使うことによって体感で7キロ軽く感じるそうです。登りの時に手すりを持って上半身で引っ張り上げると足の筋肉が楽な感じがするのと一緒です。

登りはもちろんですが、筋肉痛になるのは主に下りだったりします。下りの階段を歩幅も大きくがんがん下りると想像以上に膝へのダメージが大きく、翌日筋肉痛やひざ痛になります。

そのダメージをトレッキングポールで上半身に分散させれば下半身のダメージはかなり軽減されます。

それ以外に地面ががれ場などで不安定な時や滑りやすい時やぬかるんでる時などもトレッキングポールを使うことでバランスを保って歩くことができます。

先日、六甲山を歩いた時にアイスバーンの所がありましたが、自分が先行して歩き、トレッキングポールの先のゴムを外し氷に突き刺して氷を削り、歩きやすくするということにも使えました。

一緒に行ったメンバーにも1本貸しましたが、これほど楽になるのかと驚いて、帰ったら早速買うと言っていました。

 

基本的に登りの時は短く、下りの時は目一杯長く使うと効果が発揮されます。

 

登山をやり始めた時は姉にトレッキングポールを借りて登っていましたが、槍ヶ岳日帰り登山に行く時にちょっと奮発してAmazonでカーボンのトレッキングポールを買いました。

しかし登りの途中で連結部分が壊れてしまい結局1本で登りました。

せっかく高いのを買っても壊れてしまうと意味がありません。

 

その次に買ったのは

です。

これは3000円台で買えるのにかなりいい商品です。

アルミで1本200g。

収納時に55センチになります(60センチくらいの商品が多い)

これはザックの横につけた時に飛び出す長さが少なくて済みます。電車で移動するときなど非常にコンパクトです。

LEKIやBlack Diamondなど高い商品を買えば間違いなくいいのでしょうが、初心者がまず道具を揃えるなら

で充分です。

おすすめです。

 


登山 ブログランキングへ

-山道具
-, , ,

Copyright© 3児の父の目指せ百名山 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.